看護師イメージ
HOME > 仕事の良さを伝えたり負担を減らすことで解消できる人手不足

仕事の良さを伝えたり負担を減らすことで解消できる人手不足

" 医療や福祉現場の人手不足を解消するためには、もっと人手不足だということをアピールしたり、仕事の魅力を伝えていくと良いと思います。
これから進路を決めたり専門学校や大学に通う人の多くは若い人です。
そのような若い人に仕事の魅力を伝える手段として有効なのが、テレビや本などです。
例えば、医療や福祉の仕事をテレビドラマにすることで、その仕事の内容を知るきっかけとなり、憧れて目指す人もいるかと思います。
実際に働いている人をテレビで取り上げるのも良いです。
また、医療や福祉の仕事は専門的な仕事で、職種によって3年や6年と年数は違いますが、専門の学校に通って試験を受けなければなりません。
そのため、一度社会人になってから医療関係の仕事をしたいと思っても、躊躇してしまう点があると思います。
医師や看護師などの専門的な仕事までいかなくても、いると助かるその間にいるような職種を設けると良いかと思います。
そのような職種は半年間か1年間学校に通えば良いなど、学校に通う期間を短めに設定することで医療業界に憧れている人が入ってきやすくなるかと思います。
今まで看護師がしていた専門的でない雑用の部分を少し任せることで、看護師の負担も減り、人手の足りなさを少しは解消できるかと思います。"

▲ページトップに戻る